職業によって審査難易度は変わるのか?

職業によって、審査の難易度は変わるで。 よく言われることやけど、コレは本当の話やねんな。

例えば 公務員である消防士さん。
消防士さんが、あなたのもとに100万円貸してほしい。返済は3年間かけてします。と言ったとしましょう。 あなたなら貸しますか?

消防士さんは確かに立派なお仕事で、人命救助のために命をはっている仕事です。逆に言えば事務仕事をしているIT会社のサラリーマンと、どちらが死亡する確率が高いと思いますか?

公務員ですからある程度、お給料も安定していて信頼の厚そうな消防士さんだけど、いつでも命を張っている人にお金を貸したまま死亡してしまったら??と考えるのがローンの審査やねんな。。

そやから、とても名誉ある職業であっても審査には落ちる可能性が高いといえるねんな。
※あくまでの職業だけを見た場合。年齢や所得などは一切考えていません。

指差し男子

他にも不利になってしまう場合の職業について語っていくで〜。
例えば芸能人や写真家など有名な方。

確かに華やかな世界に身を置いていてお金もたくさんありそうやけど、突然売れなくなってしまえば収入は0円。安定した収入を望めそうかどうかといった部分ではかけてしまうねんな。
すると審査に落ちやすくなったり、高額の融資を受けられない場合があるねん。

スポーツ選手もそう。いつ怪我等をしてしまうかわからない状態。試合にでて活躍してなんぼの世界の人に簡単に貸付はできひん場合があるねんな。。

つまり、審査に通りやすく難易度の高くない職業は、安定して収入が得られそうな会社に務めていて、命を危険やスポーツ選手などのようにカラダが資本の職業ではない、職種が一番良いねん。

大手の企業の事務員とか課長などの役職がある人や、公務員の事務方などなど。社会福祉法人などの国の息がかかったような場所での安全な勤務などが審査に有利とされるで。

アルバイトとかフリーターより、正社員の方が審査に有利ってことになるねんな。

ただ、職業別にみたらそうやけど、アルバイトで過去に滞納したことがない人と、正社員で過去に滞納履歴がある人ならアルバイトの人の方が審査に通る可能性が高かったリするで!!