審査に落ちる人の特徴を具体的に解説!

カードローンの審査は属性を元に、審査しているねんな。だから契約社員より、社員の方が審査に通りやすいし、年収が200万円より500万円あって安定した収入の人のほうがもちろん、審査には通りやすいで。 これらの、そもそもの属性も重要視するのも大切やけど、それ以上に気をつけたいのが電話対応やったり、申込みの際の入力ミスや対応になるねんな。具体的に解説していくで〜。

電話対応で気をつける点

カードローンの申込みには必ずと言っていいほど、在籍確認や本人確認の「電話」があるで。この時に誠実に対応することが一つのポイントとなるで〜!

在籍確認の担当者: 「もしもし。児島ともうしますが、吉川さんはいらっしゃいますか。」 本人:「自分だけど?」 担当者:「吉川次郎さんですか?」 本人:「うん。何?」
と対応するよりも。

在籍確認の担当者: 「もしもし。児島ともうしますが、吉川さんはいらっしゃいますか。」 本人:「はい。私です。」 担当者:「吉川次郎さんですか?」 本人:「はい、そうです。」

指差し女性

このほうが印象もよく、社内にいるので会社での電話対応もしっかりしていて、まじめに働いているという印象を受けるよな。 ごくごく、当たり前ことやけど、めっちゃ重要なことで、オペレーターはこの時の対応があまり良くなかったり、不審な言動があると審査を担当している人間に報告をすることがあるねん。

最終的な判断はコンピューターではなく、人間の目で可決・否決を決め限度額も決定するわけやから、あまり常識的な言葉遣いや返事ができない人とは関わりたくないと考えられるから、利用限度額の減額や、否決にするなどの判断になってしまうことがあるし要注意やで。

電話対応が苦手でおどおどしてしまうはなるべくはっきりと喋るように心がけ、上手にしゃべれない場合は先に「すみません、電話はどうしても緊張してしまって・・・笑。」などでごまかすのも方法やで

。また、吃音症(どもり)などの病気がある場合は申込みの先に備考欄に書いたり、電話がかかってきてすぐに伝えると良いで。

申込みの際の入力ミス

インターネットでの申込みの場合、氏名や年齢、住所など基本的な情報を入力するし、勤務先の住所や電話番号、自身のメールアドレスなど多くの入力項目に疲れてしまって、ミスが多くなる可能性があるから注意が必要やで!

何度も確認をしてミスのないようにしてや〜。アドレスや電話番号が1つでも違ってただけでアウトやで。

こうゆう時は自分がお金を貸す側の立場になってみたらいいと思うで^^
入力ミスの多い人にお金を貸してあげようという気持ちにはならないと思うねんな。それがたとえ1箇所であっても、そう思うはず。

「お金を借りる」という大きな手続の際にミスをするなんてちゃんと確認もできひんのか!?・・・って思うわけよ。
確認さえもしないで、申込みをしてきたなんてよっぽどお金に困っているのであれば返済なんてできひんやろ。。 など、勘ぐられてしまうで。
先程も説明したように、最終的な判断は人間が行うから、その人に信頼してもらえるようにしっかりと申込みの入力ミスをしないようにしておくことが重要やで。もちろん、書面での申込用紙の記入なども同じやで〜。