返済を滞納したらこうなる!

返済を滞納してしまうと色々厄介なことになるから注意が必要やで。大阪おばちゃんの知人から聞いた話やけど、返済をずっと滞納しててパスポート作られへんかった人がおるそうやわ。その体験談も踏まえて返済を滞納したらどうなるかを詳しく紹介していくで〜

 

返済を滞納すると信用情報機関に事実が登録される

 

大阪おばちゃんがお金を借りる時に知ったのが信用情報機関っていうもの。
信用情報機関は、今まで借入した件数とか今持ってるクレジットカードとか滞納した事とか・・全てが登録されてる所やねん。

 

キャッシングとかクレジットカードの審査基準はこの信用情報機関の内容を参考にしてるみたいやから、返済を滞納してたら新たに借入できなくなってしまうねん。

 

それだけじゃなくて、滞納することで信用がなくなるからクレジットカードも作られへんようになるし住宅ローンとかも組めへんようになるんよ。

 

もちろん滞納したら、家に連絡がくるから家族に知られてしまうしいいことないな・・

 

信用情報機関の情報は自分で確認することができるねん!
直接来店して開示する方法と・ネットで開示する方法・郵送で開示する方法が選べるで〜
信用情報機関のホームページ>>>資金業法指定信用情報機関(CIC) 
その際、来店の場合500円・インターネットの場合1000円かかるで。

 

返済を滞納した人の体験談

 

大阪おばちゃんの知人から聞いた話やねんけど、返済滞納し続けてパスポート作られへんようになった人がいるねん。

 

男

その人は50代の男性で、色々な所から総額400万円借りてたらしくてある日返済できんくなってしもて滞納し始めたみたいやわ・・

 

最初は督促状が届いたり電話がかかってきたりしたみたいやけど、無視し続けてて親戚のいるインドネシアに行こうと思ってパスポート作りにいったら審査に通らんかったそうやわ。

 

結局その人は、返済できなくなって自己破産して何とか借金をチャラにできたそうやわ。

 

返済せんかったら信用情報機関に数年間履歴が残るらしいからパスポートも作れへんから旅行にも行けへんようになってしまうみたいやな。世間一般に言われるブラックリストってやつみたいやわ・・

 

借りたもんは返さな後々面倒くさいことになるから1日でも返済は遅れへんようにしないとあかんなぁ。

 

 

>>次は返済ができなくなった場合について説明するで