返済できなくなった時にすること

 

お金を借りたはいいけど、仕事の都合とかで返済できひんようになった場合はどうしたらいいか??これはみんな気になる内容やな。

 

間違っても滞納はしないようにな!!ちゃんと対処法があるから安心してや。
ここでは返済できひんようになったときにすることを紹介していくで〜

 

返済できんくなった人はまず、弁護士に相談して任意整理・自己破産・民事再生・特定調停のいずれかの方法で対処しなあかんのよ。じゃあ1つずつ説明していくわな。

 

任意整理

 

原則金利を0にしてくれて、利息制限法の上限金利(15%〜20%)に金利を引き下げて引き直し計算をすることで借金を減額してくれる制度。

 

減額された借金は、3年をめどに返済する必要があるから、任意整理を利用する場合は3年以内に返済できて継続した収入がある人が対象になるで。

 

自己破産

 

どんなに頑張っても返済できない人は、裁判所に返済不能と認めてもらう必要があるねん。
認められたら、原則として全ての借金の支払いをせんでよくなる制度。

 

その代わりに、財産を全て失うことが条件になる。
自己破産をすると信用情報機関に登録されるから5〜7年は借入とかローンを組むことができなくなるんよ。

 

ほんで自己破産の手続きの期間中は生命保険募集人や警備員とかの特定の資格がいる職業につかれなくなるみたい。(資格制限)

 

自己破産は全ての借金がチャラになるから安心やな〜

 

民事再生

 

財産を維持したまま減額された借金を原則3年で分割して返済していく制度。
借金総額が5,0000万円以下(住宅ローンは除く)の人が対象で民事再生は財産をなくしたくないけど返済は厳しい・・って人にオススメやで。

 

個人のみを対象としたものを個人民事再生とも言うそう。

 

特定調停

 

簡易裁判所で債務者と債権者が返済条件の軽減を話し合って借金を整理して生活を立て直すようにできる制度。

 

任意整理と同じで利息制限法の上限金利(15%〜20%)に金利を引き下げて引き直し計算をして減額された借金を分割で返済していくことができるねん。

 

3年程度で返済できる能力があって継続して収入がある人が対象になるで。