延滞損害金はいくら払う?

【遅延損害金とは】
遅延損害金は借入金の返済を延滞してしまった時に支払うお金のことです。CD等のレンタル品を期限までに返却しなかった場合の延滞料金と同じようなものです。

少し難しい表現になりますが、金銭債務の不履行の場合、支払い期限が経過したことによる損害賠償として法律上、支払わなければならない金銭です。なので、延滞してしまったら法律上支払いの義務があるということです。

1日につき何円払うの?

借入残高や遅延損害金利率によって異なるねん・・ 借入残高は個人個人異なるから1日○○円という答え方ができひんし、商品によって遅延損害金の利率も異なるねんな。

※遅延損害金利率とは
各商品の商品詳細内容などに書かれ、遅延損害金・延滞利息・遅延利息などとも表現され18%〜20%前後の利率で表記されています。

遅延損害金の計算方法は?

借入残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益損失日の翌日からの経過日数
が計算方法。

(例)100万円の借入残高で2日の延滞

100万円×20%÷365日×2日=1096円

たった2日でも1000円以上の遅延損害金を支払いしないといけないってことやでー。

また、1ヶ月間(30日)の場合 100万円×20%÷365日×30日=16438円 かなり高額の支払いになるから注意が必要やで。
遅延損害金を支払いしないで返済日を伸ばす方法

マネー1

本来であれば定められた日に返済金額を指定の方法で支払うべきやけど、どうしても支払いができない場合、返済日より前にその日に返済ができない旨を債権者に連絡することによって、返済日の変更の手続きが可能な業者があるで〜。

例えば、毎月5日の支払いだったのに対し、今回だけは20日に支払いをするなど、交渉次第で返済日を変更できるねん。

また、インターネット上から気軽に変更できる商品もあるで。
傾向としては消費者金融のほうが融通があり、比較的対応してくれ、銀行はその時限りの返済日の変更は受付をしていない可能性が高いで。

もちろん、銀行でも転職などで給料日が変更になって今後返済日を変更したいといった事情であれば変更可能という場合もあるで〜。