キャッシングしてるのがバレる時

キャッシングがバレてしまう時は様々なシュツエーションがあるで。このページではシュツエーション別にバレるケースを紹介してるで〜!
各、質問掲示板や口コミサイトなどからデーターを集計し、集めた情報やからリアルやで〜。

申込時編
・インターネットから申込み、閲覧履歴をたまたま見られて申込みしたことがバレた。
・インターネットから申込みをして、申込みページを開いたままにしてしまった。
・申込み確認のメールが見られてしまった。
・自動契約機に出入りしているのを目撃された。

郵送物編
・ローンカードが郵送されてきて、開封されてしまった。
・利用明細書が送らてきてしまった。
・契約書類のやり取りでバレた。
・支払いができなくなり、督促状が自宅に届きバレた。

支払い・延滞編
・支払い忘れで電話がかかってきてバレた。
・返済ができなくなり、自宅に電話されてしまった。

通帳編
・返済方法を引落しにしていて通帳が見つかってしまいバレた。
・ネットバンクを利用していたが、履歴を見られてしまった。

その他
・信用できる友人だと思ってカードローンを利用している事を言ったらバラされた。
・カードローンを利用して購入した商品自体(釣り竿)が見つかって、その費用はと問いつめられバレた。
・ローンカードをお財布の中に入れていて、見られてしまった。

まとめ

このように、人それぞれバレてしまった理由はあるみたいやけど、基本的に債権者側のミスで家族などにバレてしまったケースはほとんどないで〜。

また、多くの方が気にする在籍確認でバレてしまったケースは非常に少なく、そういった口コミなどもないし安心やで。

一番多かったのが「延滞」からバレてしまうケース。

延滞をしてしまった場合、はじめは携帯電話など個人の連絡先に電話があるけど、それにでない場合は会社や自宅に連絡が入るから要注意!!
そやから、バレたくない人は必ず、携帯電話に電話がある時点で電話にでて対応するようにした方がいいでーー!

ほとんどが、自分のミスによってバレてしまうことが多いから、自分のライフスタイルなどを考えてバレにくいカード選びをするように!